2017年07月17日

【S4ネタバレ注意】シャーロックについて考える〜「SHERLOCK」の完結(S4E2「The Lying Detective」とは何なのかB)〜



S4について、あれこれ考えたり、なんかもういやになって離れたり……ということをここのところ繰り返していました。キャラクターやストーリーについて、そもそも真剣に考えたりする価値のある作品なんだろうか?と虚しい気持が隙あらば湧いてくる。まあでもそうはいってもここまでつきあってきたんだし、と気が向くと訳をしたり映像を観たりするのですが、そうすると今度はつぶさに観れば観る程、(特にジョンの心情について)悲しい解釈が、「そうとしか思えない」感じになってくる。悲しい解釈を否定したくて向きあっているのに、向きあえば向きあうほど、したくない方の解釈が妥当に思える部分ばかり目について滅入る。

とりあえず、今の時点でのS4E2についての解釈を改めてまとめました。(以前の記事、「メアリのDVDの毒親感(S4E2「The Lying Detective」とは何なのか@)」「ジョンの本当の気持について考える(S4E2「The Lying Detective」とは何なのかA)」を一部踏まえています。重複する内容もあります。また、独断と偏見による個人的な解釈です。言うまでもありませんが。)

*イギリスBBCドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズ4のネタバレを含みます。
*せりふの和訳は、他人様のサイトを読んで勉強させていただいたことを参考に、辞書をひきひき勝手に書いたものです。(なのでまちがいを指摘いただけると大変ありがたいです)

続きを読む
posted by ゆい at 14:41| Comment(5) | SHERLOCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

マーティン・フリーマン出演ドラマ「STARTUP スタートアップ」(S1)の感想


海外ドラマ(アメリカ)の「STARTUP スタートアップ」。
シーズン1全部、1話40分×10話を観ました。
その感想を、なるべくネタバレしないよう、抽象的に書いてます。
SHERLOCK S4についても少し触れています(ネタバレはしておりませんが、ちょっと否定的なことを……)
続きを読む
posted by ゆい at 19:18| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

「SHERLOCK」について考える〜ジョンについて改めて考える(脚本家による人物の描き方のちがいについて【S3編】およびS3E3おさらい)〜

S4について考えるにあたり、S3までを復習したくなりまして。
とりあえず、本記事にはS4についてのネタバレはありません。

*イギリスBBCドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズ3までのネタバレを含みます。
*せりふの和訳は、他人様のサイトを読んで勉強させていただいたことや日本語字幕を参考に、辞書をひきひき勝手に書いたものです。(なのでまちがいを指摘いただけると大変ありがたいです)
続きを読む
posted by ゆい at 17:53| Comment(2) | SHERLOCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

【自称探偵 磯崎めぐるの事件簿3】 磯崎めぐると愛犬誘拐

少し前にSHERLOCK S4を観てショックを受けていたのですが、あれこれ考えたりセリフをよく読んだりしているうちに、思っていたのとは違うかもしれないという気がしてきたり、まったく理解が追いついていないので的外れな感想ばかり抱いているのかなと思ったりして……

書き散らした文章をどうしようかと思っていたのですが、とりあえずはアップすることにしました。ネタバレ回避したい方もいらっしゃると思うので、トップ記事になるのを避けるため、この記事の下になるように更新します。よろしくお願いいたします。

で、ついでながら(ついで?)こちら、磯崎めぐるの小説の方も、お読みいただけると大変嬉しいなあと……。
こちらに載せております→「小説家になろう
さくっと読める中編です。完結済です。
Chapter-1を当記事に載せていますので、よろしければお試しを。

続きを読む
タグ:自作小説
posted by ゆい at 16:00| Comment(0) | 自作小説関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【S4ネタバレ注意】シャーロックについて考える〜ジョンの本当の気持について考える(S4E2「The Lying Detective」とは何なのかA)〜

この記事の文章を書くうちに、当初のメモ時点では気づかなかった発見がありまして。ますます訳が分からなくなってきています。私が何もわかっていないだけ……?


*イギリスBBCドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズ4のネタバレを含みます。
*せりふの和訳は、他人様のサイトを読んで勉強させていただいたことを参考に、辞書をひきひき勝手に書いたものです。(なのでまちがいを指摘いただけると大変ありがたいです)
続きを読む
posted by ゆい at 09:30| Comment(2) | SHERLOCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【S4ネタバレ注意】シャーロックについて考える〜メアリのDVDの毒親感(S4E2「The Lying Detective」とは何なのか@)〜

このエピソードについての印象が、私の中で二転三転しています。
次の記事とセットでお読みいただけるとありがたいです。(いまだに模索中で、なにがなんだかわかっていませんが……)

*イギリスBBCドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズ4のネタバレを含みます。
*せりふの和訳は、他人様のサイトを読んで勉強させていただいたことを参考に、辞書をひきひき勝手に書いたものです。(なのでまちがいを指摘いただけると大変ありがたいです)
続きを読む
posted by ゆい at 09:20| Comment(0) | SHERLOCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【S4ネタバレ注意】シャーロックにかかわるたわごと〜S4初見時のきろく〜


S4を観て、もう何をどう思ったらいいのかわからない状態に陥りました。内容について、ちゃんと理解できているとは言い難い状態であれこれ考えているのは、不毛以外の何者でもないですが……。

とりあえず今回は、映像を初めて見た後に書いた文章(少しは直しましたが……)を載せておきます。さまざまな誤解や勘違い、妄想と暴言に満ちておりますが、ともかく動揺していたということで(笑)

*イギリスBBCドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズ4のネタバレを含みます。
*せりふの和訳は、他人様のサイトを読んで勉強させていただいたことを参考に、辞書をひきひき勝手に書いたものです。(なのでまちがいを指摘いただけると大変ありがたいです)
続きを読む
posted by ゆい at 09:10| Comment(0) | 戯言(SHERLOCK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【S4ネタバレ注意】シャーロックにかかわるたわごと〜8才のボクが、大人になるまで。(シャーロックの成長物語としてたどるSHERLOCK S1〜S4)〜

S4初見のショックの後、自分を必死で納得させようとするうちに湧いたイメージで書いたものです……。

*イギリスBBCドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズ4のネタバレを含みます。
続きを読む
posted by ゆい at 09:00| Comment(0) | 戯言(SHERLOCK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

【自称探偵 磯崎めぐるの事件簿 中学生編】 鏡の国のねずみ

私は性格分類(エニアグラムとか)の理論を読んだりするのが好きなのですが、最近そういった関連で面白いのを見つけました。
16種類の性格分類で、4字のアルファベットの組み合わせで表されるものです。

•内向型 (I) または外向型 (E)
•直感型 (N) または感覚型 (S)
•思考型 (T) または感情型 (F)
•判断型 (J) または知覚型 (P)
(※上記は、下記@のサイト内「私たちの理論」より引用 )

同じ理論を元にした(と思われる)2つのサイトを紹介します。

@16Personalities性格診断テスト
英語を訳したサイト。「(その性格分類にあてはまると思われる)有名人」に、歴史上の人物や政治家・俳優等のみならず、ダウントン・アビー、ロード・オブ・ザ・リング、ボーンズ、ハリーポッターなどの洋画や海外ドラマのキャラクターも含まれているのが面白いです。ホームズシリーズのキャラクターも、ワトスンはもとよりモリアーティにアイリーン・アドラー、ハドスンさんにレストレードまで挙がっているのですが、なぜかホームズだけどこにも見当たらない……意見が割れたのでしょうか?(笑)

A性格診断セブン(辛口性格診断16)
こちらの「同じ性格型の可能性がある有名人(独断と偏見による選定)」にも、実在の人物だけでなく、フィクションのキャラクターが含まれていました。こちらはドラえもん、サザエさん、ドラゴンボール、進撃の巨人、HUNTER×HUNTERなど漫画やアニメのキャラクターが主です(複数の性格型に挙がっているキャラがちらほらいましたし、「これ」とはっきり分類するのはなかなか難しいようですが)。ちなみに@のサイトとAのサイトで、同じ有名人が別の型に分類されていたりも結構あったのですが、ワトスンはどちらのサイトでも同じ型となっていました。そしてこちらのサイトでは、ホームズもしっかり挙がっています。

……私はどちらのサイトでも、診断結果は「INFP 型」となりました。
@では「仲介者」、Aでは「人生の意味を追い求める者」という名前がついています。
フロドとか、のび太とか、赤毛のアンのアンとか、進撃の巨人のアルミンとか、なんかそのへんみたいです(笑)←異論はあります。まあ、性格分類はそんなもんです。

それはさておき、「小説家になろう」に小説を載せました。
4月に載せた「自称探偵 磯崎めぐる」シリーズの短編を書く前、「ともかくミステリーを書こう!」と意気込んで書いた長編(原稿用紙換算309枚、薄めの文庫本1冊分くらいの分量)です。磯崎めぐるシリーズの、磯崎めぐると助手の沙原くんが出会う話です。「この人は、どんな人なんだろう?」「信じていいんだろうか?」と不安に思う気持とか、裏切ることと裏切られることについてとか、が基調にある学園ミステリです。うじうじしている人もいますが、のほほんとしつつ案外食えない人とか、天才肌の激しい人とか出てきます。もうぶっちゃけて言いますが、読んでほしいです。読んでください。よろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by ゆい at 14:23| Comment(2) | 自作小説関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

【自称探偵 磯崎めぐるの事件簿2】 磯崎めぐるとピアノを弾く少女


エイプリルフールにいきなり小説をアップしましたが(もはやエイプリルフールネタでも何でもなかったですね……)、今回はその第二弾です。半年ぐらい前から4月1日にブログと「小説家になろう」サイトに載せようと計画して、書き溜めていました。予定が狂って、もう一つの短編(中編)はまだできあがっていないのですが……その前に、同じシリーズの長編を載せるかもしれません。

それはともかく、もしもよろしければ、「小説家になろう」サイトからこの小説を読んでいただけると、大変にありがたいです。このブログに載せているのはChapter-1の部分なので、そこだけ試しに読んで、「つづきはコチラ」から飛んでもらってもかまいません。さらに感想を残していただけたりしたら、それはもう、嬉しすぎますが。

(ところで、先週ついに、SHERLOCK S4のBDを発注しました。たぶん4月終わりぐらいには届くので……5月にはSHERLOCK関連記事を載せるかと思います……きっと何か言わずにはいられない内容だと思うので……どこまでストーリーを理解できるかわかりませんが……)
続きを読む
タグ:自作小説
posted by ゆい at 20:31| Comment(0) | 自作小説関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする